05

たまてばこ

(クリアウォーター)

play
figure05_01
titel04_01

浄化槽を管理するに当たり、原水を1/2の濃度に保つことにより、浄化槽管理が軽減します。 血液分離システムとは、食肉センターや食肉加工場、水産加工場で発生する、血液が混ざった汚水を元の水に変えるシステム・その方法は、たまてばこシステムにより血液を浮上分離させることにより1時間当たり10t~20tの処理が可能です。

たまてばこが処理可能なもの

  • ・食肉センター洗浄水
  • ・ブロイラー処理場洗浄水
  • ・食品加工洗浄水
  • ・魚加工洗浄水

ランニングコスト

  • ・原水BOD  1,000PPMの場合  
     薬品代  30円/t
  • ・原水BOD  2,000PPMの場合  
     薬品代  45円/t
  • ・電気代  1時間当たり   82
subtitle05_01
subimg05_01
  • 凝集剤・・・
    水の中にバラバラにある小さな固形物あるいは、高分子単位で溶けている物質を凝集させより大きく壊れにくい塊にすることができる薬品。
  • BOD・・・
    有機物による汚れを示す重要な指標のひとつで生物化学的酸素要求量という。固液分離浄化汚水の目的は、このBODを低下させることを目的とする。
  • SS・・・
    浮遊物質(水中を浮遊している物質)水を濁している不溶性の物質。この値が高いほど水の濁りが高いことになる。通常PPMまたはmg/ℓで表す(1%は10,000PPM)
title05_02

01原水槽

img05_01
illust_02

02バイオ反応槽

img05_02
img05_03
illust_02

03沈殿槽

img05_04
illust_02

04分離水

img05_05
img05_06
illust_02

05浄化槽

img05_07
illust_02

06最終排水

img05_07